Punctuate

価格: ¥11,550 (税込)
メーカー: Eventide
型番: Punctuate
JANコード: 4560263768049
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

5%割引対象商品
本ページの商品はストア会員様5%割引の対象商品です。詳細はこちらをご覧ください。

※ 必ずログインした状態で注文手続きを行ってください。(非ログイン状態でのご注文は割引対象外となります。)


商品説明

Punctuateは、数々の賞を受賞したElevate Mastering LimiterのTransient Emphasisセクションをベースに、人間の耳のクリティカルバンドに基づいたマルチバンド・トランジェント・モジュレーターです。

商品仕様

製品名: Punctuate - ダウンロード版
型番: Punctuate
JANコード: 4560263768049
メーカー: Eventide

Punctuate ダウンロード版

  • 本製品はライセンスのみのご提供です。(パッケージは付属しません)
  • ご購入時にご入力いただいたEメールアドレスへのライセンスメール納品となります。製品の特性上、ご納品後の返品は承れませんのでご注意ください。
  • 本製品は、VST、AUおよびAAXに対応したNativeプラグインです。
  • 最新の動作環境はメーカーHPよりご確認ください。
  • オーソライゼーション:iLok Lisense Managerを利用したマシンオーソライズ、若しくはドングル = iLok USB (別売)* のいずれか一種類。*マシンオーソライズを利用する場合、iLok USBは必要ありません。



  • Punctuate プラグイン

    最新のインストーラーはこちら(メーカーHP)から



    マルチバンド・トランジェント・シェイパー

    Punctuateは、数々の賞を受賞したElevate Mastering LimiterのTransient Emphasisセクションをベースに、人間の耳のクリティカルバンドに基づいたマルチバンド・トランジェント・モジュレーターです。Punctuateのインテリジェントなアルゴリズムにより、わずか4つのコントロールで26のクリティカルバンドすべてのトランジェント強調/抑制をコントロールすることが可能です。これにより、非常にパワフルでありながら、非常に使いやすいトランジェント・モジュレータが実現しました。

    トランジェントシェイパーは、楽器のトランジェントを大きくしたり小さくしたりして、アタックやサスティンを強調するために、トップクラスのミックスエンジニアに使用されています。しかし、従来のトランジェントシェイパーは信号全体を一度に処理するため、トランジェントのスナップが1つの帯域にしか発生していない場合、全周波数帯域をモジュレートしてしまいます。Punctuateは、人間の耳のモデルを使って、人間の聴覚の全領域にわたってトランジェントシェイパーのセットを実行します。これにより、周波数帯域全体をいじらずに、楽器、バス、ミックス全体のアタックを調整することができます。その結果、比類ないトランジェントシェイピングパワーを、必要なところに集中させ、必要でないところには集中させないことができます。


    Punctuateで出来ること
  • ミックス全体のドラムの音量を上げ下げすることができます。
  • キックドラムの音量を上げ、ベースには影響を与えない。
  • ハイハットをスネアマイクから引き離す。
  • スネアのひびきを上げ、タンピングを下げる。
  • アコースティックギターやピアノなどの楽器をミックスの前方に持ってきたり、後方に追いやったりすることができます。
  • 過度な圧縮がかかったミックスに活力を与えます。

  • punctuate_ss


    特徴
  • 人間の耳の重要な帯域に合わせた26個のトランジェントモジュレータを搭載。
  • 適応型トランジェントスライダーにより、各帯域を独立して動作させたり、より自然な処理のために帯域を滑らかにすることができます。
  • Transient Emphasisスライダで各帯域のトランジェントを強調または抑制し、全体の処理を調整できます。
  • Transient LengthとAdaptive Transient Lengthコントロールにより、トランジェントの長さを微調整可能。
  • 各帯域のトランジェントモジュレーションを表示するスクロールメーターディスプレイ。
  • 並列処理のためのMixコントロール。
  • すべてのElevateプラグインに搭載されているマスタリング品質の入出力部。
  • バンドをソロにしたり再構成することで、より深いサウンドデザインが可能。


  • Punctuateの科学

    人間は、ある音が同時に鳴っている他の音から一定の距離を置いている場合にのみ、その音の存在を感知することができます。メル・スケールは、聴覚上の周波数帯を各帯が他の帯から等間隔に聞こえるように配置したものです。この音の分割は、人間の聴覚を説明するものです。

    グラフィック EQ の多くは IIR(無限インパルス応答)、つまりアナログスタイルのフィルターです。これらは多くの素晴らしい特性を持っていますが、残念ながら IIR フィルタの形状はあまり柔軟ではありません。例えば、すべての帯域をフラットに設定しても、全体のフィルター形状は実はフラットではありません。さらに、各帯域をブーストまたはカットすると、その隣の帯域にも影響を及ぼします。Punctuateは、このような問題がない線形位相FIR(有限インパルス応答)フィルターを使用しているため、スクリーンで見るのと同じような音を再現することができます。

    DSPエンジニアが「理想的な」長方形のFIRフィルタと呼ぶものの代わりに、三角形のフィルタを使っています。これは聴覚モデルで、内耳の臨界帯域の第一近似値としてよく使われるものです。耳の中にあるような形状のフィルターであれば、フィルターにかけられた信号は自然に聞こえます。複雑な信号では、任意の時間に、各フィルターで1つの音源しか聞こえません。

    Punctuateは、これらのフィルタを使用して、入力されるオーディオ信号を26の重要なバンドに分割し、各バンドでトランジェントシェーパーを実行して、オーディオ信号のトランジェントをかつてないほど制御することができます。これにより、Punctuateは、トランジェントポイントで信号全体のレベルを上下させるのではなく、信号が必要とする場所にのみパンチを加えることができます。帯域を独立してコントロールできるので、ある帯域ではトランジェントを強調し、他の帯域では抑制することも可能です。また、クリティカルバンドをベースにしているため、人間の耳に自然に聞こえるような方法でこれを行うので、アーチファクトが聞こえることはありません。

    最後に、Punctuateでは、ADAPTIVE TRANSIENTコントロールを使って、バンド間でトランジェントモジュレーションを滑らかにすることができます。これにより、各バンドを独立させて究極のコントロールを実現することも、よりスムーズなサウンドを実現するためにそれらを組み合わせることも可能です。



    ご購入前の注意

    当商品は、表示している限定販売期間経過後も、継続してまたは、数日中に限定価格販売を行う可能性があります。
    また、価格についても値下げする場合があります。予めご了承ください。

    ライセンス発行は、当オンラインストアではシステムによる即時発行では無く、スタッフが営業時間内に対応しますので、場合によってはご注文から発行までに数時間から数日掛かる事がございます。


    定休日カレンダー
    • 今日
    • 休業日

    ※ 営業時間: 10:00 ~ 18:00

    ※ 休業日中のご注文は、翌営業日以降の発送となります。

    TACSYSTEMリンク

    tacsystemへ移動
    top_icon_twitter3

    ページトップへ